園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:深まる秋を満喫 紅葉狩りスポット
ニュース

11月に入り、本格的な紅葉シーズンがやってきました。 穴場も含めたスポットを紹介するので、行ってみませんか。

深まる秋を満喫 紅葉狩りスポット

広島県廿日市市
県立もみのき森林公園

モミ林に映える紅葉をレジャーと同時に楽しむ
一周約6.15kmのサイクリングロードや、ベンチやテーブルを完備したデイキャンプ場など、設備が充実した公園です。イロハモミジやイタヤカエデなどの紅葉が、常緑のモミ林に映える様子も一見の価値あり。アウトドアレジャーと景色を同時に楽しみましょう。園内のレストランで、地元産のアワビダケとホウレン草を使った「あわび茸かき揚げ丼(」880円)などを味わうのもお薦めです。


DATA
[見頃]10月下旬〜11月中旬
[所在地]広島県廿日市市吉和1593-75 TEL:0829-77-2011
[営業時間]8:30〜17:30
[定休日]第3火曜
[料金]入園無料。デイキャンプ場の利用や自転車レンタルなどは有料
[アクセス]中国自動車道吉和ICから車で約15分


広島県尾道市
耕三寺

朱塗りのお堂を彩るモミジやカエデ
耕三寺耕三和上が母親への感謝を込めて1936年から建立し始めた寺院です。境内では多数のモミジやカエデが紅葉し、国宝建造物を手本として建てられた、朱塗りのお堂を彩ります。11月中旬からの「紅葉まつり」では、「紅葉しおり作り」などを実施予定。大理石で作られた5,000㎡の庭園「未来心の丘」も見逃せません。


DATA
[見頃]11月中旬〜12月上旬
[所在地]広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2 TEL:0845-270800
[営業時間]9:00〜17:00
[定休日]なし
[料金]大人1,400円、65歳以上1,200円、大学生1,000円、高校生800円、中学生以下無料
[アクセス]しまなみ海道生口島北ICから車で約13分


岡山県岡山市
岡山後楽園

大名庭園に色付くモミジ 夜間ライトアップも開催
日本三名園の一つと称される回遊式の大名庭園です。約100本のカエデからなる「千入(ちしお)の森」は、園内随一の紅葉の名所。黄色やオレンジ、赤に染まります。さらに11月16日(金)〜25日(日)には夜間特別開園「秋の幻想庭園」が開催され、20:30まで紅葉を中心に園内をライトアップします。


DATA
[見頃]11月中旬〜12月上旬
[所在地]岡山県岡山市北区後楽園1-5 TEL:086-272-1148
[営業時間]8:00〜17:00 ※入園は閉園の15分前まで(幻想庭園は30分前まで)
[定休日]なし
[料金]大人400円、65歳以上140円、高校生以下無料
[アクセス]山陽自動車道岡山ICから車で約20分


岡山県新見市
井倉峡

石灰岩の白い絶壁とモミジやカエデの“錦絵”
高さ240mの石灰岩の絶壁が迫力満点の井倉峡。白い石灰岩に、赤や黄色に色付くモミジやカエデが美しい〝錦絵〟を描きます。岡山三大河川の一つである高梁川に沿って、断崖は7kmにわたって連続。高さ約60mの3段の滝「絹掛の滝」などを巡って、紅葉狩りを楽しみましょう。近くには、岡山県指定天然記念物の鍾乳洞「井倉洞」(有料)も。全長1,200mの洞内で、天井からぶら下がる「つらら石」などの奇岩が多数見られます。


DATA
[見頃]11月上旬〜中旬
[所在地]岡山県新見市井倉 TEL:0867-88-8154(新見市観光協会)
[アクセス]中国自動車道新見ICから車で約20分


山口県防府市
毛利氏庭園

500本が紅葉する名勝 博物館では国宝の公開も
国の重要文化財・名勝指定を受けた、旧毛利公爵家の本邸です。広さ25,000坪の庭園では、約500本のモミジやサクラが紅葉。表門から続くモミジの回廊と、池と紅葉のコントラストは特に絶景とされています。庭内の毛利博物館では、紅葉の時季に「国宝展」を開催し、雪舟の「山水長巻」などを公開します。


DATA
[見頃]11月中旬〜12月上旬
[所在地]山口県防府市多々良1-15-1 TEL:0835-22-0001
[営業時間]9:00〜17:00 ※入園は16:30まで
[定休日]12月22日〜31日
[料金]大人400円、小中学生200円※毛利博物館は別料金、共通券あり
[アクセス]山陽自動車道防府東ICから車で約15分


山口県下松市
滝の口河川公園

川のほとりの公園に1,000本のカエデ
2000年に完成した、自然の川が流れる公園です。夏は水遊び、秋は紅葉と、四季を通じて家族で遊べます。川のほとりには約1,000本のカエデが植えられ、11月上旬から一斉に赤く紅葉します。ベンチなどもあるので、小鳥のさえずりを聞きながら行楽弁当を広げてみて。すぐ近くにある米泉湖(末武川ダム)公園でも、イチョウやモミジバフウが黄色や赤に色付きます。湖の周りに整備された歩道で、ウオーキングやジョギングをしてみては。


DATA
[見頃]11月上旬〜中旬
[所在地]山口県下松市下谷滝の口 TEL:0833-45-1857(下松市建設部都市整備課)
[アクセス]山陽自動車道徳山東ICから車で約15分


島根県松江市
由志園

「逆さ紅葉」や夜間のライトアップは必見
ボタンが咲き誇る日本庭園・由志園。秋には300本以上のイロハモミジやドウダンツツジが赤く染まり、池の水に映り込む「逆さ紅葉」や、落ち葉のじゅうたん「下紅葉」が見られます。山陰最大級の夜間ライトアップも必見です。


DATA
[見頃]10月下旬〜12月上旬
[所在地]島根県松江市八束町波入1260-2 TEL:0852-76-2255
[営業時間]9:00〜17:00※入園は16:30まで
[定休日]なし
[料金]大人1,000円、70歳以上900円、小中高校生500円 ※11月15日(木)〜12月3日(月)16:30〜20:00の夜間特別ライトアップはそれぞれ900円、800円、450円
[アクセス]松江だんだん道路西尾ICから車で約12分


鳥取県鳥取市
雨滝

落差40mの豪快な滝と黄金色に染まる森を巡る
鳥取県一の規模を誇る雨滝は、日本の滝100選に選ばれたスポット。落差約40mの断崖絶壁から、滝壺に向けて豪快に水が落下します。周囲にはトチやケヤキ、ブナなどの原生林が広がり、秋になると黄金色に染まります。雨滝の断崖は濃い灰色の玄武岩で、紅葉を美しく見せるキャンバスのようです。近隣には大小48の滝が点在。遊歩道やあずまやも整備されているので、滝と紅葉を探して散策してみてはいかが。


DATA
[見頃]10月下旬〜11月上旬
[所在地]鳥取県鳥取市国府町雨滝 TEL:0857-39-0560(鳥取市国府町総合支所産業建設課)
[アクセス]山陰自動車道・鳥取自動車道鳥取ICから車で約30分


鳥取県智頭町
板井原集落

昭和の風景が残る山里 静かな神社の紅葉が見事
伝統的建造物群保存地区に指定されている板井原集落。静かな山里は、「昭和30年代の山村集落の形をそのまま残している」と注目を集めています。紅葉を見るなら、地域の人々を静かに見守ってきた向山神社へ。赤や黄色に輝く木々と緑のスギの対比や、石段を覆う落ち葉の〝レッドカーペット〟に目を奪われます。築100年の古民家を活用したカフェや、かまどご飯が人気の田舎料理店を訪ねて、山里の味も味わいませんか。


DATA
[見頃]10月下旬〜11月上旬
[所在地]鳥取県八頭郡智頭町市瀬板井原 ℡0858-76-1111(智頭町観光協会)
[アクセス]鳥取自動車道智頭ICから車で約15分


トップページへ戻る