園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:庄原市
ニュース

遊びに行きたい

庄原市

 



9月下旬から10月下旬まで開催 個性豊かな庭を自由に見学

A 庄原さとやま オープンガーデン2018秋
ガーデニング愛好家が手間と愛情を込めて作り上げた庭を自由に見学することができるイベントです。今回は庄原市の市街地や東城町、西城町などのエリアで開催され、個人や事業所が参加。個性豊かな庭がそろいます。祢宜邦男さんが手掛ける三村庭は、約2,000平方メートルの雄大な庭。ヨーロッパの田舎町を再現したエリアでは風車やミニチュアが飾られ、メルヘンな世界が広がります。公開スケジュールは庭ごとに異なるので、「食彩館しょうばらゆめさくら」など市内11カ所で配布している公式ガイドブックで確認を。
[期間]9月下旬〜10月下旬(予定)
[所在地]庄原市内全域
[料金]無料
[TEL]0824-75-0173(しょうばら花会議事務局)



世界大会で金賞を受賞 庄原産生乳を100%使用したチーズ

B チーズ工房 乳ぃーずの物語。
  日本酪農発祥の地といわれる庄原市七塚原エリア。週末と祝日にオープンする「チーズ工房乳ぃーずの物語。」では、庄原産の新鮮な生乳を100%使ってチーズを作っています。お薦めは、爽やかなミルクの香りと風味が感じられる「モッツアレラチーズ」。チーズコンクールの世界大会で金賞を受賞した逸品です。子どもには、ひょうたん型の「カチョカヴァロ」が人気。焼きチーズにすると風味がアップします。
[所在地]庄原市一木町533-4
[TEL]平日0824-72-7634(農吉事務所)、土・日曜、祝日0824-72-2062(チーズ工房)
[営業時間]11:00〜17:00
[営業日]土・日曜、祝日、ゴールデンウイーク、お盆


日々の暮らし彩るアイテムずらり パスタやスイーツも堪能
C Zakka&Cafe  生活や(いきいきや)
 庄原バイパス沿いにある雑貨兼カフェのお店です。店内には、日々の暮らしに彩りや楽しさを添えてくれる日用品や服飾雑貨、食器など、多ジャンルなアイテムが並びます。ショッピングを楽しんだ後は、カフェスペースで地元野菜たっぷりのランチや週替わりパスタ、手作りスイーツを味わって。テラス席は愛犬の同伴もOKです。
[所在地]庄原市宮内町428-1
[TEL]0824-72-7198
[営業時間]10:00〜18:00(LO17:30)※雑貨は18:30まで
[定休日]水曜※祝日の場合は翌日


リンゴの産地ならではの品ぞろえ 新ご当地グルメも味わって
D 道の駅たかの
中国やまなみ街道の高野ICを降りてすぐにある道の駅です。「わいわい高原市場」には、特産のリンゴをはじめ、四季折々の新鮮野菜や果物、加工品が並びます。カフェレストラン「そらら」では今年4月に誕生した「新!庄原グルメ」の一つ「比婆いざなぎ丼・いざなみ丼」を提供しています。併設の「雪室(ゆきむろ)」は、豪雪地帯ならではのユニークな施設。天然の雪が搬入された室内は自然の冷蔵庫で、地域の特産品や加工品をじっくりと冷蔵して鮮度を保っています。
[所在地]庄原市高野町下門田49
[TEL]0824-86-3131
[営業時間]9:00〜18:00(土・日曜、祝日は19:00まで)※季節により変動あり
[定休日]第2・第4水曜※祝日は営業


廃校を改装したカフェで味わう野菜たっぷりのワンプレートランチ
E まなびやcafe
廃校になった小学校を改装したカフェです。ノスタルジックな雰囲気が漂う店内で味わいたいのが、sasa農園(神石高原町)の無農薬野菜をふんだんに使い、ボリューム満点の「おまかせワンプレートランチ」。手作りベーグルか雑穀ごはんのどちらかを選べます。カフェタイムには、卵の風味がしっかり味わえる「ふわふわスフレパンケーキ」もお薦め。懐かしい学校のぬくもりに包まれながら、心和むひとときを過ごしましょう。
[所在地]庄原市総領町黒目1268-1
[TEL]090-3633-1058
[営業時間]11:30〜16:30(LO16:00)
[営業日]水〜金曜(臨時休業もあるので、問い合わせや予約をしてからの来店がお勧め)※12〜3月は冬季休業


トップページへ戻る