園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:笠岡市 倉敷市
ニュース

遊びに行きたい

笠岡市 倉敷市

 



地元の山海の幸が大集合 目の前は100万本のヒマワリ畑

A 道の駅笠岡ベイファーム
笠岡の海の幸と山の幸が集まる「道の駅笠岡ベイファーム」。直売所では、笠岡港直送の鮮魚や地元の新鮮な農産物、ひじきや灰干しなど笠岡諸島の特産品を販売しています。フランスの高級バターをぜいたくに使ったクロワッサンが自慢のベーカリーや、バイキング形式のレストラン、ソフトクリームが人気のカフェもあります。目の前に広がる笠岡湾開拓地は、四季折々の景色が楽しめる巨大な花畑。夏には、太陽に向かって大きな花を咲かせる100万本のヒマワリ畑が出現し、その迫力に感動するはず。8月初旬が見頃です。
[所在地]岡山県笠岡市カブト南町245-5
[TEL]0865-67-6755
[営業時間]店舗によって異なる ※休憩所は24時間利用可能
[定休日]1/1~1/3



鶏がらベースのスープに煮鶏 うま味たっぷりのご当地ラーメン

B 笠岡ラーメン
 笠岡市は古くから養鶏と製麺が盛んな土地で、戦前から鶏がらスープと煮鶏(鶏チャーシュー)を使った「笠岡ラーメン」が親しまれてきました。現在の笠岡ラーメンは、鶏がらベースのしょうゆ味スープと、それに魚介スープを合わせたダブルスープの2種類に大別されます。麺の上には、親鶏をしょうゆで煮た煮鶏をトッピング。歯応えがあり、かめばかむほどうま味が口の中に広がります。[所在地]山口県大島郡周防大島町志佐1-1
[TEL]0865-69-2147(笠岡市観光連盟)


歴史ある白壁の町を川舟で遊覧 幻想的な夜の運航も人気
C くらしき川舟流し
なまこ壁の蔵屋敷や古い民家などが立ち並び、まるでタイムスリップしたような感覚を満喫できる倉敷美観地区。その中心を流れる倉敷川に浮かぶ舟に乗って、街歩きとは違った低い目線で白壁の町並みを眺めてみませんか。所要時間は約20分。船頭さんのユニークな解説を聞きながら、中橋を起点にゆっくり1周します。11月24日(土)までの毎週土曜は夜も運航します。
[所在地]岡山県倉敷市(倉敷川中橋たもと)
[TEL]086-422-0542(倉敷物語館臨時観光案内所)
[出発時間]9:30始発~最終便17:00※30分おきに出発
[料金]中学生以上500円、5歳~小学生250円
[定休日]3~11月は第2月曜(祝日は除く)、12~2月は土・日曜、祝日のみ運航


貴重な資料を数多く展示 洞窟体験はスリル満点
D 桃太郎のからくり博物館
昔話「桃太郎」をテーマにした博物館です。館内には、230年前の浮世絵をはじめ、絵本やおもちゃ、教科書など、さまざまな時代で愛された桃太郎の貴重な資料を展示しています。子どもたちに人気なのが、体験型アトラクションの「鬼ヶ島洞窟探検」。暗闇の洞窟を進むと次々に鬼が飛び出し、スリル満点です。目の錯覚を利用した「からくり遊び」や映像シアターも楽しめます。また、館長の住宅正人さんは、ちくわ笛の演奏家。ものすごく運が良ければちくわ笛の演奏がきけるかも。
[所在地]岡山県倉敷市本町5-11
[TEL]086-423-2008
[開館時間]10:00~17:00
[料金]大人600円、小中高校生400円、5歳以上100円
[休館日]なし


白桃やマスカット、メロンなど 岡山の名産を使ったフルーツパフェ
E くらしき桃子 倉敷本店
江戸時代に建てられた白壁の古民家を改装したスイーツ店です。1階は岡山県産のフルーツを使ったゼリーやジュレ、ジェラートなどを販売。2階がカフェスペースです。人気は「ぶどうパフェ」や「桃パフェ」など旬の果実をふんだんに使ったパフェ。7月中旬から8月下旬には、白桃やニューピオーネ、マスカット、メロンなど岡山のフルーツが一度に味わえる、夏限定の「サマースペシャルパフェ」が登場します。同じ美観地区には、「黄金クレープ」が名物の倉敷中央店もあります。
[所在地]岡山県倉敷市本町4-1
[TEL]086-427-0007
[営業時間]10:00~18:00(11~2月は17:00まで)、日曜、祝日は9:30~17:30(11~2月は17:00まで) ※LOは閉店の30分前
[定休日]なし


トップページへ戻る