園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:呉市・江田島市・東広島市・三原市・熊野町
ニュース

遊びに行きたい

呉市・江田島市・東広島市・三原市・熊野町

10分の1戦艦「大和」を展示する大和ミュージアム (写真提供:広島県)

広島県には親子で遊べるスポットがいっぱい!今回は呉市・江田島市・東広島市・三原市・熊野町にある子ども連れファミリーにお薦めのスポットを紹介します。

 

軍港都市として栄え 今は人気映画のロケ地

 戦前から軍港都市として栄えた呉市。JR呉駅のそばには呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)や海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)、徒歩15分圏内には、入船山公園や呉市立美術館などの文化施設が点在しています。ロングヒットを続ける「この世界の片隅に」や、来春公開予定の「孤狼の血」など、映画のロケ地としても注目を浴びています。
 広島湾に浮かぶ江田島は、瀬戸内海4番目の大きさを誇る島です。広島港から船で約30分。風光明媚(ふうこうめいび)な景観と温暖な気候に恵まれています。
 

日本酒の銘醸地 酒蔵通りに漂う香り

 東広島市は、日本酒の銘醸地として有名な西条を有する都市。JR西条駅の東側には、酒蔵の美しい白壁やなまこ壁が並び、仕込み時季には、お酒の香りが通りを包み込みます。
 広島の空の玄関口・広島空港がある三原市は、瀬戸内海と山の自然に恵まれた町です。三原城の城跡周辺には、現在も歴史を感じられる名所が多く残っています。
 熊野町は古くから筆の町として知られ、全国一の筆の産地。筆のミュージアム「筆の里工房」や、筆作りを見学できるメーカーがあり、親子で筆の魅力を存分に味わうことができます。



湯船から眺める景色に癒やされて

A シーサイド温泉のうみ
 瀬戸内海でも有数の源泉温46度を誇る、海のほとりの天然温泉です。館内には広々とした大浴場をはじめ、開放感たっぷりの露天風呂や打たせ湯、ジェットバス、サウナ風呂、家族風呂など多彩なお風呂を完備。湯船から眺める穏やかな海の景色が日頃の疲れを癒やしてくれます。2018年3月31日(土)までは、恒例の「牡蠣小屋」がオープン。濃厚でぷりぷりとした食感の江田島産カキが70分間食べ放題で楽しめます(要予約・男性2,500円、女性2,000円、小学生1,500円、3歳以上1,000円)


所在地●江田島市能美町中町4719-1
TEL●0823-40-2080
日帰り入浴の営業時間●10:00〜21:00
日帰り入浴の定休日●水曜 ※祝日の場合は翌日
日帰り入浴の料金●中学生以上600円、3歳〜小学生300円



フライトシミュレータで操縦体験

B 広島空港
 広島の空の玄関口「広島空港」のターミナルビルには、グルメ街やショッピングモールをはじめ、多彩な飛行機を目前に見ることができる「見学・送迎デッキ」(中学生以上100円、小学生以下無料)などがそろっています。子どもたちに人気なのが、2階の「フライトシミュレータ」(200円)。パイロット気分で飛行機の操縦体験ができます。「飛行機エンジン展示コーナー」では、ジェットエンジンの原寸大模型を展示しています。

所在地●三原市本郷町善入寺64-31
TEL●0848-86-8151
営業時間●見学・送迎デッキは7:00〜22:00、フライトシミュレータは8:00〜20:00 
※その他は店舗によって異なる


全長3.7mの「世界一の大筆」は圧巻
C 筆の里工房
 1994年にオープンした筆の博物館です。館内では「筆の広がり」が存分に楽しめるよう、文房四宝(墨、硯、紙、筆)の常設展示や、筆から生まれる芸術文化(書・絵画などの美術、工芸品、民芸品)の企画展、伝統工芸士の筆作りの実演などを行っています。中でも「世界一の大筆」は必見。長さ3.7m、重さ約400kgで、伝統工芸士ら3人が約半年かけて製作しました。併設している熊野筆セレクトショップでは、さまざまな筆を紹介。書筆はもちろん、画筆や化粧筆を実際に触って、好みの筆を選べます。

所在地●安芸郡熊野町中溝5-17-1
TEL●082-855-3010
営業時間●10:00〜17:00(最終入館16:30)
定休日●月曜※祝日の場合は翌日、年末年始
入館料●大人600円、小中高生250円※20人以上は団体料金になります(展示内容によって異なります)


実物の潜水艦を地上に展示
D 海上自衛隊呉史料館 (てつのくじら館)
 実際に活躍していた実物の潜水艦を地上に展示している施設です。全長76m、高さはビル5階に相当し、艦内では海上自衛隊の歴史や海上自衛隊員の姿、潜水艦の機能などを紹介しています。3階の「潜水艦あきしお体験」では、艦長室や士官室など艦内生活の一部を再現。潜航中の環境や生活を疑似体験できます。見学後は「SHOP&CAFE」へ。オリジナルグッズや自衛隊グッズ、呉のお土産品などを購入できるほか、あきしお第10代艦長認定の「あきしおカレー」も味わえます。
201801_asobiD-1
201801_asobiD-2潜水艦あきしおは、1986年から2004年まで実際に海上自衛隊で使用されていたものです。国内最大級の起重機船(クレーン船)で陸揚げされ、呉史料館に展示されました。艦の中央部から“乗艦”し、艦長室や士官室、寝室などを見ることができます。

所在地●呉市宝町5-32
TEL●0823-21-6111
開館時間●9:00〜17:00(最終入館16:30)
入館料●無料
休館日●火曜※祝日の場合は翌日、12月29日〜1月3日
 


歴史ロマンあふれる古墳の公園
E 三ッ城古墳
 住宅街に突如現れる「三ッ城(みつじょう)古墳」は、3基の古墳が一直線に並んだ古墳群。発掘調査を終えた現在は、築造当時の荘厳な姿に復元され、無料で見ることができます。1号墳は、鍵穴の形をした前方後円墳。全長約92m、高さ約13mを誇り、広島県内最大の古墳です。最大の特長は、実際に古墳に上れること。埋葬施設がある頂上部では、実際の石棺をガラス越しに見学できます。また、古墳の周囲は遊具や広場、ウオーキングコースが整備され、休日は家族連れなどでにぎわいます。
201801_asobiE-1

201801_asobiE-23段ある墳丘の斜面には石が敷き詰められ、それぞれの段を囲むようにレプリカの埴輪(はにわ)が置かれています。その数、約1,800個。筒の形をした円筒埴輪のほか、羽飾りが付いた日傘をモデルにした珍しい埴輪も見ることができます。

所在地●東広島市西条中央7-24
TEL●082-420-0977(東広島市文化課)



トップページへ戻る