園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:広島市・北広島町・安芸太田町・安芸高田市
ニュース

遊びに行きたい

広島市・北広島町・安芸太田町・安芸高田市

おりづるタワー展望台からの眺め

広島県には親子で遊べるスポットがいっぱい!今回は広島市・北広島町・安芸太田町・安芸高田市にある子ども連れファミリーにお薦めのスポットを紹介します。

 

話題の複合施設 おりづるタワー

 約120万人が暮らす広島市には、平和を象徴する原爆ドームをはじめ、広島城や縮景園など、国内外から多くの旅行客が訪れるスポットが点在しています。2016年には、原爆ドームの東側に「おりづるタワー」が誕生。スティック状のお好み焼き「オコス」や、揚げたて生ポテトチップス「ナマチ」などの個性的なメニューが味わえるカフェ、広島土産を豊富に取りそろえた物産館、市街地を一望できる展望台などを備えた複合商業施設として話題を呼んでいます。
 広島県の北西部、島根県との県境に位置するのが北広島町です。1000m級の山々が連なる西中国山地の町には、ユネスコ無形文化遺産「壬生(みぶ)の花田植」などの文化が息づいています。
 

オールシーズン遊べる 都会から近い田舎町

  広島市内から車で約1時間。都会から近い田舎町として脚光を浴びているのが、安芸太田町です。自然の恵みを生かしたスポットが多く、キャンプや登山、スキーなど、どの季節でも楽しむことができます。
 安芸高田市は全国屈指の神楽の里。神楽専用劇場を備えた「神楽門前湯治村」では、市内にある22の神楽団が持ち回りで神楽を上演しています。



中国山地が一望できる温泉宿

A 芸北オークガーデン
 中国自動車道戸河内ICから車で約30分。標高600mの高台にあるホテル「芸北オークガーデン」では、宿泊だけでなく、日帰りで温泉や料理も楽しめます。自慢は、開放的な造りの露天風呂。滑らかなお湯は、神経痛や疲労回復の効果が期待されます。季節によって景色が変わる中国山地を眺めながら、疲れを癒やしてみては。入浴グッズを販売しているので、手ぶらで立ち寄れる気軽さも魅力です。また、レストランでは、アマゴ料理やイノシシ料理、ご当地豚「芸北高原豚」の料理も味わえます。


所在地●山県郡北広島町細見145-104
TEL●0826-35-1230
日帰り入浴の営業時間●10:00~21:0(0最終受付20:00)
入浴料●大人600円、子ども200円、幼児100円、3歳未満は無料
定休日●第1・3火曜



粘土をちぎって丸めて転がして

B 風炎窯(ふうえんがま)
 陶芸家・林俊一さんの工房「風炎窯」では、石見粘土を使った陶芸体験を実施しています。コースは電動ろくろや手びねりなど4種類を用意。幼児や小学生には「こども体験」(1,500円)がお薦めです。400gの粘土をちぎったり丸めたり転がしたりしながら、人形や皿などを自由に作っていきます。「ファミリーや友達だけで創作できる空間を提供しています。太田川のせせらぎを聞きながらゆっくり楽しんでください」と林さん。作品は林さんが焼き上げ、3週間~2カ月後に手元に届きます。

所在地●山県郡安芸太田町加計337-1
TEL●0826-22-2273
開催期間●通年


湖の周りに遊び場がいっぱい
C 土師ダムサイクリングターミナル
 八千代湖を囲んだスポーツ&リゾート施設です。湖畔(はん)には片道3.7㎞のサイクリングロードが整備され、約400台あるレンタサイクルを利用すれば、敷地内を自由に楽しく移動できます。湖の北側にある「のどごえ公園」は、子どもたちに大人気のスポット。6~12歳用の児童ゾーンには、長さ約20mのローラースライダーや大小5台の滑り台、ターザンロープなどの遊びアイテムが満載。3~6歳用の幼児ゾーンには、車や家の形をしたカラフルな遊具が並び、休日は家族連れでにぎわいます。

所在地●安芸高田市八千代町土師1194-1
TEL●0826-52-2841
営業時間●9:00~17:00
定休日●火曜 ※祝日の場合は翌日、年末年始


戦国時代にタイムスリップ 週末には武将隊が登場
D 広島城

 毛利元就の孫・輝元によって築城された広島城。原爆による倒壊以前は国宝に指定され、現存すれば日本最古の天守閣でした。現在の天守閣は1958年に再建されています。天守閣内部は武家文化をテーマにした歴史博物館になっていて、広島城の歴史を中心に紹介。第1層の体験コーナーでは、よろいやかぶと、打ち掛けなどを試着でき、侍や姫になった気分で記念撮影ができます。
 南側と西側の天守閣をよく見比べると、3層目の屋根に違いが。小さな屋根が二つ並んだ南側に比べて、西側の屋根はどっしりとしていて「三花蕪懸魚(みつばなかぶらげぎょ)」と呼ばれる派手な飾りが付いています。あらためてじっくり観察してみると、新たな発見がありますよ。

201712_asobiD歴史博物館に展示されている「金箔鯱瓦(きんぱくしゃちがわら)」は、天守閣から南東に約400m離れた井戸跡から発見された雌雄(しゆう)一対の瓦。ほぼ完全な形で出土した全国初の例です


戦国武将がおもてなし演舞

  日曜には観光PR武将隊の「安芸ひろしま武将隊」が二の丸に出陣。毛利元就や毛利輝元など、戦国の広島を代表する武将たちが甲冑(かっちゅう)に身を包み、躍動感あふれる演舞を披露します。また、土曜には武将二人が城内を練り歩いているので、気軽に声を掛けてみて。※出陣スケジュールはホームページ(http://hiroshima-samurai.jp/)を参照

所在地●広島市中区基町21-1
TEL●082-221-7512
開館時間●9:00~18:00(入館は17:30まで)※12~2月は9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日●12月29日~12月31日 ※臨時休館あり
天守閣観覧料●大人370円 ※65歳以上は180円、高校生180円、中学生以下は無料



トップページへ戻る