園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:見どころ満載の港町 福山市鞆の浦
ニュース

遊びに行きたい

見どころ満載の港町 福山市鞆の浦

常夜燈や雁木、波止場など江戸時代の港湾施設が現存する鞆港(写真提供:広島県)

瀬戸内海の風景と情緒あふれる町並みが魅力的な鞆の浦。
史跡や名所、ロケ地など見どころが多く、家族で1 日楽しめます。

歴史物語る常夜燈や保命酒の酒蔵など散策スポットいっぱい

 福山市中心部から南へ約14㎞、瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦は、古くから潮待ち風待ちの港として万葉集にも歌われた名勝。日本で最初に国立公園として指定された瀬戸内海国立公園の一つです。昔ながらの町並みが残り、アニメやテレビドラマ、ハリウッド映画のロケ地にもなっています。
 鞆港の西側に立つ「常夜燈」は、鞆の浦のシンボル的存在。高さは4.7mで、雁木や船番所と共に鞆港の歴史を物語っています。その近くに立つ「太田家住宅」は、国の重要文化財に指定されている歴史的建造物。名産の保命酒で栄えた旧中村家の屋敷で、醸造元の母屋や蔵などが並び、造り酒屋の構えを今でも残しています。
 他にも、いろは丸展示館や福禅寺対潮楼、仙酔島など、見どころがたくさん。じっくり時間を取って散策しましょう。



あの監督も通った老舗パン店

A 村上製パン所
 宮崎駿監督が、アニメ映画「崖の上のポニョ」の構想を練るために滞在していたときに通っていたという老舗パン店です。創業は1950年。ガラスケースには、パンにクリームと砂糖を挟んだ「バターロールパン」や、自家製あんがぎっしり詰まった「小倉パン」、こしあんを包んだ生地を油で揚げた「油パン」など、レトロなパッケージに包装された商品が並びます。「キングスター」は、毎日でも食べ飽きない素朴な味と、もっちりした食感が人気の食パン。昼過ぎには品薄になることもあるので、早めの訪問がお勧めです。


所在地●福山市鞆町後地1437
TEL●084-982-2349
営業時間●8:00〜19:00
定休日●日曜



福山モチーフのオリジナルアイテム

B gallery shop MASUYA
 「いろは丸事件」で鞆を訪れた坂本龍馬が、身を隠すために宿泊した商家「桝屋」(桝屋清右衛門宅)。その土間を活用したギャラリーショップです。店内には、店主夫婦がデザインしたアイテムをはじめ、アクセサリーや文具など衣食住のアイテムがずらり。福山をモチーフにした商品が豊富で、中でも、福山周辺で使われる方言を選んでトートバッグにした「備後弁トート」や手彫りの龍馬消しゴムはんこは、ユーモアたっぷりでお土産にもぴったりです。「龍馬の隠れ部屋」も見学できます(大人200円、小中高生100円)。

所在地●福山市鞆町鞆422
TEL●084-982-3788
営業時間●9:00〜16:30
営業日●金〜月曜、祝日

 


民家を改築した高台のギャラリー
C さらすわてぃ
 仙酔島や潮待ちの港などを見渡せる高台に立つギャラリー兼カフェです。築100年の民家を大胆に改築した店内には、着心地のよい服や思わず目を引くアクセサリー、個性的なデザインの食器類など、暮らしを豊かにしてくれるアイテムが並びます。カフェスペースでは、季節によって変わる菓子と抹茶のセットをはじめ、コーヒーやりんごジュースなどを用意。作家が手掛けた器で味わいながら、のんびりとした時間が過ごせます。

所在地●福山市鞆町後地1381
TEL●084-982-0098
営業時間●11:00〜18:00
定休日●火・水曜

 


瀬戸内海を代表する景勝地 歴史を学んで町歩きスタート
D 鞆の浦の町並み

  古くから瀬戸内海航路の要所として発展してきた鞆の浦。穏やかな海に仙酔島や弁天島が浮かび、瀬戸内海を代表する景勝地として多くの観光客が訪れています。 町歩きは鞆城跡の高台に立つ、福山市鞆の浦歴史民俗資料館からスタートしましょう。館内では、歴史資料やお祭りなどの民俗資料を常設展示。鞆の歴史を学んでから散策すれば、町歩きがより一層楽しめます。
201612_asobiD-2「仙人も酔ってしまうほど美しい島」という意味を持つ仙酔島は、火山活動によってできた無人島です。島を約5 分で結ぶ船は、坂本龍馬ゆかりの蒸気船を模した「平成いろは丸」。船内には古い操舵輪やコンパスなども設置され、レトロな雰囲気が漂います
 
201612_asobiD-3福禅寺の本堂に隣接する対潮楼は、江戸時代に創建された客殿。座敷から見る景色は素晴らしく、朝鮮通信使の李邦彦(イ・バンオン)は「日東第一形勝(対馬より東で最も美しい場所)」と賞賛しました
 
問い合わせ●084-926-2649(福山観光コンベンション協会)
 


レトロなバスでロケ地巡り
201612_asobiE
 鞆の浦をしっかり満喫したい人は、トモテツバスが運行する定期観光バスがお薦めです。今年11月27日までの土・日曜、祝日は、映画やドラマのロケ地を巡る4種類のコースを用意。所要時間約2時間半の午前コースは、1958年製のレトロなボンネットバスに乗って巡ります。午後コースでは、ちくわやふりかけ作りの体験もできます。
   
期間●11月27日(日)まで
料金●大人1,600円から、子ども950円から ※コースによって異なる
申し込み・問い合わせ●084-952-3100(鞆鉄道福山営業所) ※受付時間9:00〜18:00

 


トップページへ戻る