園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:安芸の小京都 竹原市
ニュース

遊びに行きたい

安芸の小京都 竹原市

風情ある竹原の町は散策にぴったり(写真提供:広島県)

瀬戸内海に面した竹原市は、見どころがいっぱい。
町歩きの後は、船に乗って「ウサギの楽園」を目指しましょう。

 

のんびり町歩きと「日本のエーゲ海」の多島美を楽しむ

  広島県中南部に位置する竹原市は、平安時代に京都の下鴨神社の荘園として栄え、「安芸の小京都」とも呼ばれています。
 JR竹原駅から近い本町周辺は、竹原を代表する観光スポット。江戸時代の風情ある町並みを今に伝えるとともに、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。観光情報コーナーやレストラン、地元の特産物がそろう売店などを備えた「道の駅たけはら」を起点に、のんびりと町歩きを楽しみましょう。
 竹原市中心部から車で約15分の忠海地区は、「日本のエーゲ海」ともいわれる風光明媚(めいび)なエリアです。JR呉線と並行する海岸沿いの国道185号線からは瀬戸内海の多島美を堪能でき、忠海港からは「ウサギの楽園」で人気を集める大久野島にも渡れます。ジャムメーカー「アヲハタ」の体験施設や、お寺を利用した美術館など、見どころも満載です。



重厚な屋敷が連なる観光名所

A 町並み保存地区
    竹原市は、江戸時代に塩の生産で大きく発展しました。「町並み保存地区」は、その当時の繁栄を物語るエリアです。約350mの本町通りを中心に、重厚な造りの屋敷が軒を連ねます。「松阪邸」は、塩田で富を築いた豪商の家。波打つような大屋根が見事で、その大きさに財力を感じます。瓦屋根を見下ろす高台に立つのが、京都の清水寺を模した観音堂「普明閣」で有名な「西方寺」。その他、洋風建築の「歴史民俗資料館」や武家屋敷風の「春風館」など、見どころが満載です。


所在地●竹原市本町周辺
TEL●0846-22-5474(松阪邸)
入館料●200円
休館日●月曜
   



酒の香りふんわり ご当地お好み焼き

B 御幸
  ご当地お好み焼き「純米吟醸たけはら焼」が食べられる店です。竹原にある三つの蔵元「竹鶴」「龍勢」「誠鏡」から仕入れた酒かすを加えた生地は、もっちりふわふわ。へらで切ると、ほんのり甘い香りが立ち上がります。「麺はうどん。トッピングはチーズをお薦めしています」と、メニュー考案者でもある店主の片山修司さん。鉄板の温度を一般のお好み焼き店より100度高く設定し、うま味を逃さないように一気に焼き上げているそうです。店内は広く、座敷席にも鉄板を完備しています。

所在地●竹原市中央5-9-1
TEL●0846-22-4430
営業時間●11:00〜20:00(LO19:40)
定休日●火曜 ※祝日の場合は営業

 


お寺全体が幻想的なムードの美術館
C かぐや姫美術館
 本立寺の本堂をのぞくと、天井や壁に色鮮やかな絵が見えます。こちらは、竹取物語にちなんだ作品が幻想的なムードを漂わす「かぐや姫美術館」です。改造した土蔵では、金色に輝く竹に入った、かぐや姫の木目込み人形を展示。本堂の中2階には、かぐや姫関連の書籍や文献、研究書などを収蔵する「かぐや姫文庫」があります。寺全体が美術館になっていて、招き猫で有名な尾道在住の絵師・園山春二さんが手掛けた、おとぎ話の板絵や笑福アートなども見ることができます。

所在地●竹原市忠海床浦2-12-8(本立寺内)
TEL●0846-26-0982
入館料●無料(要予約)
開館時間●11:00〜16:00
休館日●不定
   
 


ウサギが暮らす島は全域が瀬戸内海国立公園
D 大久野島

  大久野島は忠海港から船で約15分、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。ぐるりと歩いて1時間半ほどの島内に、たくさんのウサギが生息しています。ウサギが増えたのは約40年前。小学校で飼われていた8羽が放されたのが始まりで、現在は700羽以上が生息しているといわれています。 島内はとても静か。全域が瀬戸内海国立公園に指定されていて、どこにいても美しい海と豊かな緑が視界に飛び込んできます。 
 

201609_asobiD-2インターネットの動画サイトで紹介されたことから「ウサギの楽園」として有名に。今では海外からも多くの観光客が集まる人気スポットになっています。ウサギたちは野生動物なので、抱っこや触ることは禁止されています
   
島内には昭和初期から戦後まで、日本陸軍の毒ガス製造工場がありました。今でも当時の発電所や貯蔵庫などが残り、平和を願う遺跡となって静かにたたずんでいます 

 
日帰り入浴できる温泉

 島に着いたら、まずは「大久野島ビジターセンター」を訪ねましょう。こちらでは、大久野島を中心とした瀬戸内海国立公園の自然や歴史、文化に触れるための情報を手に入れることができます。 「休暇村 大久野島」は、島内唯一の宿泊施設。宿泊者は、島内のさまざまな施設を特別価格で利用できます。館内のレストランやカフェ、天然ラジウム温泉の大浴場は、日帰り利用も可能です。

 
大久野島ビジターセンター 
所在地●竹原市忠海町大久野島
TEL●0846-26-0100
開館時間●9:00~16:00 
入館料●無料
休館日●水曜 ※1、2月は水・木曜、年末年始
 
 
休暇村 大久野島 
所在地●竹原市忠海町大久野島
TEL●0846-26-0321
日帰り入浴時間●11:00~18:00
日帰り入浴料金●大人410円、子ども360円


トップページへ戻る