園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:中国地方・兵庫県の昆虫に親しむ施設
ニュース

虫好きキッズが大喜び!

中国地方・兵庫県の昆虫に親しむ施設

広島県広島市
広島市森林公園こんちゅう館

パピヨンドームなどで生きた虫を一年中展示

 生きた昆虫の展示数では、西日本一を誇る施設です。温室の「パピヨンドーム」では、オオゴマダラなど沖縄のチョウを中心に、一年中約10 種類約500 頭が観察できます。チョウが活発に飛び回る午前11 時から午後2 時ごろに行くのがオススメ。「海外」「水辺」「林や草原」「夜行性」などのテーマごとの昆虫展示も楽しみ。四季折々の企画展も開催されています。


●場所 / 広島県広島市東区福田町藤ヶ丸10173
●開館時間 / 9:00 ~16:30 ※入館は16:00 まで
●休館日 / 水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※夏休み期間と10 月は無休
●料金 / 大人510 円、中学生以下無料 ※高校生と65 歳以上は年齢証明提示で170 円
●問い合わせ / 082-899-8964


広島県呉市
昆虫の家(頑愚庵(がんぐあん))

古民家に標本展示 民芸品や美術品も楽しみ

 数寄屋風の古民家に多数の標本を展示しています。テーマは「下蒲刈島に生息する昆虫」「国内の美しいトンボ」「世界の美しい昆虫」「広島県の絶滅の恐れがある昆虫」など。虫にちなんだ民芸品や美術品の展示も見応えがあります。日本庭園にはチョウが好む植物を植え、チョウを呼び込む工夫をしています。近くにある朝鮮通信使の歴史を紹介する資料館や、日本画を展示する美術館などと一緒に訪ねてみては。


●場所 / 広島県呉市下蒲刈町下島2364-3
●開館時間 / 9:00 ~17:00 ※入館は16:30 まで
●休館日 / 火曜(祝日の場合は翌日)
●料金 / 大人300 円、高校生180 円、小中学生120 円、未就学児無料 ※呉市内の小中高生無料
●問い合わせ / 0823-70-8007


広島県庄原市
比和自然科学博物館

中国山地の生き物大集合 クジラの化石も必見

   中国山地の自然史に関して、調査・研究と展示を行う博物館です。クワガタなどの昆虫や、モグラやネズミなどの小型哺乳類、ツキノワグマなどの中・大型哺乳類、蝶類、淡水二枚貝などを展示しています。特にモグラ類の標本数が充実していることで有名です。「地学分館」に展示されているクジラの化石は、庄原市で発掘されたもの。世界に例のない新種のクジラの化石で、中国山地が海だった約1,600 万年前ごろのものです。


●場所 / 広島県庄原市比和町比和1119-1
●開館時間 / 9:00 ~ 17:00
●休館日 / 年末年始(12 月29 日~ 1 月4 日)
●料金 / 大人300 円、中学生以下無料
●問い合わせ / 0824-85-3005


岡山県倉敷市
倉敷市立自然史博物館

世界の昆虫標本がずらり 鉱物や植物も楽しみ

 倉敷美観地区のそばにある博物館です。「世界の昆虫」コーナーでは、世界のチョウや甲虫(ヘラクレスオオカブトムシなど)の標本展示に加え、昆虫の体の仕組みや進化の歴史などを見ることができます。「岡山県のなりたち」コーナーには、瀬戸内海から発見されたナウマンゾウの化石も。鉱物や植物などの展示もあり、幅広いジャンルについて学べます。
201609_odekake04
●場所 / 岡山県倉敷市中央2-6-1
●開館時間 / 9:00 ~17:15 ※入館は16:45 まで
●休館日 / 月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※臨時休館日あり
●料金 / 65 歳以上無料、大人150 円、大学生50 円、高校生以下無料
●問い合わせ / 086-425-6037


岡山県倉敷市
倉敷昆虫館

15,000点の標本展示で地元と世界の昆虫を

 昭和37 年に、中国・四国地方初の博物館として誕生した昆虫館です。優れた医学者であり昆虫愛好家だった故・重井博氏が開設しました。倉敷昆虫同好会の協力で、絶滅種や絶滅危惧種を含めて約4,000種類30,000点の標本を収蔵し、約15,000 点が展示されています。岡山県内を中心にした身近な地域に生息する昆虫も、標本として改めて見ることで新たな発見があります。鮮やかな色や模様が印象的な、東南アジアや南アメリカなど熱帯地方のチョウも楽しみです。

201609_odekake05
●場所 / 岡山県倉敷市幸町2-30 しげい病院1 階
●開館時間 / 9:30 ~ 13:00、14:00 ~ 17:00
●休館日 / 月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
●料金 / 無料
●問い合わせ / 086-422-8207


山口県下関市
リフレッシュパーク豊浦

チョウやトンボいっぱい 昆虫、植物、遊具の公園

 一年中、四季折々の花々や昆虫が見られるスポットです。「蝶小屋」では、チョウの卵や幼虫、サナギ、成虫を間近で観察できます。また周辺にはチョウが好む植物が植えられ、集まってきたチョウの乱舞が見事。トンボのヤゴ(幼虫)が多数生息する池もあり、園内をいろいろな種類のトンボが飛び回っています。滑り台などの遊具も整備され、1 日ゆっくり遊べる施設です。バラやハーブなどの庭園も人気が高く、秋には100 万本のコスモスが咲き誇ります。
201609_odekake06
●場所 / 山口県下関市豊浦町川棚2035-9
●開館時間 / 8:30 ~ 17:00
●休館日 / 12 月28 日~ 1 月4 日
●料金 / 大人200 円、小中学生100 円、未就学児無料
●問い合わせ / 083-772-4000
 


島根県出雲市
宍道湖自然館ゴビウス

宍道湖・中海や川の水族館 水生昆虫も間近に観察OK

 日本有数の汽水湖(淡水と海水が混じった水域)である宍道湖・中海や、淡水の河川に生息する生き物を飼育展示している水族館です。汽水に暮らすハゼや、淡水に住むヤマメ、ドジョウ、オオサンショウウオなど200 種10,000 点を展示。ゲンゴロウやタガメなど、水生昆虫も観察できます。隣接する宍道湖グリーンパークには宍道湖を一望できる野鳥観察舎があり、公園内ではトンボやカマキリなどの昆虫も観察できます。
201609_odekake07
●場所 / 島根県出雲市園町1659-5
●開館時間 / 9:30 ~ 17:00 ※入館は16:30 まで
●休館日 / 火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
●料金 / 大人500 円、小中高生200 円、未就学児無料
●問い合わせ / 0853-63-7100


兵庫県新温泉町
おもしろ昆虫化石館

日本初の昆虫化石館 地球の歴史も一緒に学ぶ

 新温泉町海上地区は、日本でも有数の昆虫化石の産地。約300 万年前、湖の底だった場所に、火山灰が石や砂と共に流されて木の葉や昆虫を挟みながら堆積し、化石になりました。館内では、マルガタアブやミツバチ、キリギリスなどの化石が見られます。化石の地層のレプリカや年表で、長い地球の歴史に触れることができます。化石採集の道具や採集方法なども紹介されています。フランスで産出された、約3 億年前のゴキブリの化石も注目です。
201609_odekake08
●場所 / 兵庫県美方郡新温泉町千谷850
●開館時間 / 9:00 ~17:00 ※入館は16:30 まで
●休館日 / 月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
●料金 / 大人100 円、中学生以下50 円
●問い合わせ / 0796-93-0888
 


兵庫県佐用町
佐用町昆虫館

春から秋の週末のみ開館 虫捕りも楽しめる施設

 4 月から10 月までの土・日曜、祝日のみ開館する小さな昆虫館です。周囲はチョウやトンボが飛び回る自然豊かな環境で、イモリやモリアオガエルが生まれる池もあり、虫捕りが楽しめます。館内では、水槽の中の魚や水生昆虫を観察したり、標本や図鑑を見たり、絵を描いたりして過ごせます。スタッフは虫が大好きな人ばかり。質問に丁寧に答えてくれます。
201609_odekake09
●場所 / 兵庫県佐用郡佐用町船越617
●開館時間 / 10:00 ~ 16:00
●休館日 / 11 ~ 3 月の全日と、4 ~ 10 月の平日※開館日は4 ~ 10 月の土・日曜、祝日のみ
●料金 / 無料
●問い合わせ / 0790-77-0103(開館時のみ)、080-3853-6483(NPO 法人こどもとむしの会事務局)


トップページへ戻る