園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. トピックス:市民と協働のまちづくり 福山市
ニュース

遊びに行きたい

市民と協働のまちづくり 福山市

201603_odekakeZ伝統産業の一つ・げた。産地の松永地区では毎年9月に、
げたを使ったイベント「ゲタリンピック」を開催しています(写真提供:広島県)

今年7 月1 日に市制施行100 周年を迎える福山市には、
子どもも大人も楽しめるスポットが点在しています。

市制施行100周年 気候風土に恵まれた備後地方の中心都市

瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置する福山市は、南部の景勝地・鞆の浦から北部の自然豊かな山系まで有する、備後地方の中心都市です。同市では、市民とのまちづくり「協働のまちづくり」を推進。そのシンボルともいえる「ばら公園」は、市民が中心となって市内中心部の公園に約1000本のバラの苗を植えたのが始まりです。また、2015年夏に誕生した「福山市松永はきもの資料館」も、福山市と地元の住民協働組織が運営しています。
JR福山駅そばの複合ビル「エフピコRiM」6階にある、ふくやま子育て応援センター「キッズコム」は、0歳児から利用できる子育て応援施設。2015年4月1日からは利用者支援事業を実施し、子育て家庭が求める教育や保育、その他必要な子育て支援を円滑に利用できるよう、相談や援助などを行っています。



エサやり体験や裏側見学が人気

A 福山市立動物園
JR福山駅から車で約30分の「福山市立動物園」には、アジアゾウやキリン、カピパラなど約60種・約360点の動物がいて、家族連れやグループでにぎわっています。土・日曜、祝日に開催される「動物わくわくエサやり体験」は、子どもたちに人気。ゾウやペンギンなどにエサをあげながら、食べている様子を間近で観察できます。他にも、動物園の舞台裏が見学できる「バックヤード&台所ツアー」(第1・3土曜)や、「動物病院見学ツアー」(第2・4土曜)など、定例イベントがめじろ押しです。
※各イベントは先着順です。

所在地●福山市芦田町福田276-1
TEL●084-958-3200
開園時間●9:00〜16:30※入園は16:00まで
休園日●火曜
※祝日の場合はその翌日(3〜5月、9〜11月は休園日なし)
料金●15歳以上500円



オーダーメイドで自分だけの革製品

B レザースタジオ サード
キーケースや財布などの小物から鞄やソファカバーまで、幅広く革製品を手掛ける工房です。こちらの特長は、素材選びからデザイン、細部に至るまで、自分の思いをかなえてくれるオーダーメイドシステム。平均年齢30歳という若い革職人8人が、一つずつ心を込めて手作りしています。特筆すべきはオリジナルの「福山レザー」。福山の伝統産業の一つ・備後絣(かすり)から着想を得た「天然藍(あい)染め」や、鉄鋼業が盛んな福山の街らしい「鐵(てつ)染め」の革を使えば、さらにオリジナリティーの高いアイテムに仕上がります。

所在地●福山市多治米町6-3-17
TEL●084-971-7356
営業時間●10:00〜20:00
定休日●正月と盆

 


ギャップが楽しい変わり種スイーツ
C 虎屋本舗 松永店
創業約400年の「虎屋本舗」は、福山市内に10店舗を構える老舗和菓子店。福山藩に献上していた「とんど饅頭(まんじゅう)」をはじめ、洋風生どら焼き「虎ちゃん」や、地酒を使った「まるごと地酒けーき」などを提供しています。中でも話題を集めているのが変わり種スイーツ。見た目と味にギャップのある「本物そっくりスイーツ」(540円から)は、たこ焼きに見立てたシュークリームや、イチゴムースで作ったオムライスなど約10種類を用意。子どもたちへのサプライズプレゼントにもぴったりです。

所在地●福山市松永町5-8-2
TEL●084-934-2338
営業時間●9:00〜19:00
定休日●元日


世界各地の履物と玩具が集結 歴史感じる膨大コレクション
D 福山市松永はきもの資料館

  2013年に閉館した日本はきもの博物館と日本郷土玩具博物館をリニューアルした施設です。「はきもの玩具館」には、げたや宇宙靴などの履物と、人形やたこなどの玩具を約3,100点展示。入り口では、長さ3m、重さ1.7tの「巨大ゲタ」が来場者を迎えます。内田広己事務長は、「履物は人間の体を支え、玩具は心を支えてくれます。膨大なコレクションからそれぞれの歴史を感じてほしい」と話します。

 

201603_odekakeD02スポーツ選手の靴も多く、広島東洋カープの黒田博樹投手のサイン入りスパイクも間近に見ることができます

 

5室ある玩具エリアには、日本各地の郷土玩具が集結しています。珍しいのは、324 点と国内最大の収蔵数を誇るカチナ人形。米国の先住民族ホピ族が作る人形で、ユニークな表情とフォルムが魅力です

 

館内は見どころいっぱい!

館内には洋風の装飾を施した大正時代の商業建築「旧マルヤマ商店事務所」をはじめ、げた職人の職場兼住居であった建物を移築保存した「職人長屋」や、芸術家・故岡本太郎さんが1978年に造園した「足あと広場」(写真)など、見どころがいっぱい。昔の玩具で遊べるコーナーもあります。

所在地●福山市松永町4-16-27
TEL●084-934-6644
開館時間●10:00〜16:00
開館日●金〜日曜、祝日(団体は平日予約可)
料金●はきもの玩具館のみ300円(高校生以下無料)


トップページへ戻る