園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 特集:どうする? 子どもの靴選びQ&A

どうする? 子どもの靴選びQ&A



「すぐ小さくなるから」と大きめの子ども靴を選んでいませんか。健やかな足の発達や全身の運動機能向上のためにも大事な靴選びのコツについて、そごう広島店の上西亜貴さんに聞きました。

 

●お話を聞いたのは
上西 亜貴さん
靴に関する専門知識を身に付けたシューフィッター。そごう広島店こども靴売場で、丁寧に靴選びのアドバイスをしている。

 

足の変形を防ぐためにちょうどいい靴を
子どもの靴は、なぜ足に合っていないといけないのでしょうか。「大きすぎる靴は転びやすく、小さすぎる靴は外反母趾や浮き指※など足のトラブルにつながりがちです」と上西さん。足の長さだけでなく、幅や甲の高さも合わせるには、マジックテープ式の靴がベター。痛い靴を履いていると、歩くこと自体が苦痛になる子もいるので注意が必要です。
※重心がかかとにあり、足の指が浮いている
 
靴選びも履き方も親のチェックが大事
【Q】いつから靴を履かせるべきですか。
【A】伝い歩きをし始めたら靴を購入して慣れさせましょう。「靴を履いたら外に行ける」「靴は楽しい物」と思ってもらえたらベストです。
 
【Q】靴選びのコツは。
【A】正しい履き方で試着してみて、つま先に余裕があることを確認。足より0.5〜1cm大きい靴が適当といわれますが、冬は厚手の靴下を履くことが多いので、夏より若干大きめを。シューフィッターがいる店なら、アドバイスがもらえますよ。
 
【正しい履き方】まずかかとをトントンして合わせ、それからマジックテープで固定。一人で履けるようになっても、正しく履けているか親が時々チェックしてあげるといいでしょう。
 
【Q】買い替えのタイミングは。
【A】1~3歳は3カ月ごと、4歳以上は6カ月ごとが目安です。セールで買った靴を「忘れていて、気付いたらもう履けなくなっていた」ということもあるので、衣替えのときに靴も確認を。「靴がきつい」と自分から言わない子が多いので、時々親がつま先に余裕があるか触ってみましょう。 
 
【Q】毎日履く靴は何がいいの。
【A】「マジックテープ式のスニーカー」。ひも靴は手間がかかるため、乳幼児はマジックテープがベター。ブーツやスリッポンは中敷きを入れる程度しか調節できないので、お出掛け用にするといいですね。

 


 
 
 

 
 

 

 


トップページへ戻る