園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 特集:親子で ペタペタ 手形アート

作って楽しい! 見て癒やされる!!

親子で ペタペタ 手形アート

子どものかわいい手形や足形を使って、生き物や植物などの作品を作る手形アート。成長の記録として自宅に飾るのはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにも喜ばれています。今回は、3児の母でpetapeta-art®アドバイザーの井上佳苗さんに、手形アートの魅力と楽しみ方を教えてもらいました。

 

●お話を聞いたのは
Teto*te 井上佳苗さん
petapeta-art®アドバイザー兼creativememoriesアルバムアドバイザー。小3の双子の女の子と年長の男の子のママ。広島市近郊でワークショップを行い、個人宅への出張教室も受け付けている。

http://ameblo.jp/teto-te-kana

子どもの成長を改めて実感できる
手形アートの一番の特徴は、そのかわいさ。カラフルなインクで押した手形や足形を、ペンやマスキングテープ、シールなどで飾ってゾウやキリンなどに仕上げます。「赤ちゃんのときはプクプクしていた指が、幼児になると急にスラリと伸びているなど、手形で改めて成長を実感できます。写真とはまた違った記念になるので、誕生日ごとに作る人も多いですね」
以前は子育てに悩んでいたという井上さん。手形アートを作るようになって、作業中に自分や子どものことを振り返るようになり、心が落ち着いたと言います。「『うちの子はもうすぐ3歳なのに、あれもこれもできない』とイライラしていたけど、手形の小ささにハッとして…。まだ子どもなんだから、できなくても当たり前だと思えた」。手形アートに出合ったころ、そんな気付きがあったそうです。作業がいい気分転換にもなり、悩みを軽くしてくれます。

自由な発想で飾り付け 子どもと共同作業
手形アートの作り方は「作品の構想を練る」「手形や足形を取る」「ペンやシール、マスキングテープなどで飾る」の3段階。重要なのが、作りたい作品に合わせてインクの色や、手形を押す位置を工夫すること。また仕上げのポイントは、マスキングテープ選び。多様な色や柄がアクセントになります。「消しゴムハンコを押したり、布を貼ったりと、自由な発想で飾りましょう」。子どもと一緒に作業するなら、マスキングステッカーでの飾り付けから始めましょう。失敗しても剥がせるので安心です。
今の時季には、クリスマスやお正月に向けたモチーフがお勧め。季節ごとに子どもの成長を喜びつつ、作品作りを楽しみましょう。



「ゾウ」は手形を上下逆に、「ワニ」は横向きに使います。マスキングテープを三角に切って、「ワニ」の歯やしっぽを表現しましょう。
■赤ちゃんの手形を取るコツ


【1】赤ちゃんが手をグーにしていたら、スタンプ台を手首に当て、インクを付けながら指の方へスライドさせて手を開きます。

【2】紙の上に手を置き、ママやパパが上から優しく押さえて手形を取ります。

 

 



左から「ヒヨコ」「クマ」「ライオン」「ウサギ」。かかと側を頭、指を動物の足に見立てるのがポイント。

■赤ちゃんの足形を取るコツ


【1】足裏にインクをつけて、抱っこして紙の上に立たせて、足形を取ります。

【2】赤ちゃんは土踏まずが発達していないので、足形はくびれがない形。丸みのあるかわいい動物ができます。

 


■材料は100円ショップでも入手可

●100円ショップで入手できるもの
水溶性顔料のスタンプ台(おしりふきで拭けば落ちる)/色紙やケント紙(表面がツルッとした紙)/マスキングテープ/マスキングステッカー(貼って剥がせるシール)/ペン(水性顔料インクのペンが発色がよい)
●家にあるもの
水彩絵の具(水で溶かして、台所用スポンジに付けて塗り、手形や足形を取る)/シール(剥がせないので、よく考えてから貼る)/色紙、のりなど

 


 


トップページへ戻る