園児とママのための情報誌 えんじぃな

  1. Home>
  2. 特集:ちびっこ鳥図鑑(とりずかん)

2017年は酉(とり)年

ちびっこ鳥図鑑(とりずかん)



2017年の干支・酉年にちなんで、鳥について学びませんか。
広島市安佐動物公園の人気の鳥たちの特徴と合わせ、同園に話を聞きました。

 

 


酉年は“鳥年”じゃない 実は酒つぼが由来

酉年の年賀状には、鳥の絵を載せることが多いですね。でも元々、鳥とは関係がなかったようです。酉という字は、酒という字の右側と同じです。元々は、酒つぼを意味していて、収穫した果実から酒を作っていたことに由来しているといわれます(諸説あり)。後に、人々が覚えやすいように動物の鳥(鶏)が当てはめられたようです。

2gから150kgまで 鳥は個性派ぞろい
鳥の一番の特徴は、なんといっても「飛べること」。なぜ飛べるのか、安佐動物公園の皆さんに聞いてみました。「進化の過程で、前足が翼に変化したとされます。翼で羽ばたいて体を浮かせたり、前進したりしています」。体が軽いほうが飛ぶために有利なので、骨が空洞になったともいわれます。ペンギンやダチョウは飛べませんが、それぞれ泳いだり、走ったり、環境に合わせて独自の進化を遂げたと考えられています。
写真の鳥たちを見ると、いろいろな色をしています。鳥の目は色を識別できるため、オスはカラフルな羽でメスに求愛しています。カラスは「カーカー」、ウグイスは「ホーホケキョ」など鳴き声もさまざま。「鳥は木陰に隠れて姿が見えなくても、鳴き声でコミュニケーションをとれます」。オウムやキュウカンチョウのように、言葉を覚える鳥もいます。
鳥は本当に個性派ぞろい。体重が2gほどしかないマメハチドリから、約150kgのダチョウまで大きさもさまざまです。「安佐動物公園には約40種類の鳥たちがいます。ぜひ見に来てくださいね」

 



★シロフクロウ

雪が多い場所で暮らしているので、きれいな白い羽でカムフラージュしています。
狩りが上手で、ネズミが大好物。

 

★フンボルトペンギン
飛べない代わりに、泳ぐのはとても上手。イワシなどを捕まえます。ペンギンは南極に住んでいるイメージが強いですが、フンボルトペンギンはペルーとチリの海岸沿いに住んでいます。

 

★ヒワコンゴウインコ
鮮やかな黄緑色の羽と、くちばしの上の赤い羽が目印。中央アメリカ原産の、全長85cmほどの大型インコです。一般的にインコは長生きで、50年以上生きる鳥もいます。

 

★オオフラミンゴ
ピンクの羽がキュートなフラミンゴ。長い首と長い脚がチャームポイントです。くちばしを水に浸して、昆虫や小エビ、プランクトンなどを食べています。群れで暮らしています。

 

★オシドリ
オスは美しい飾り羽があり、メスはシックな褐色をしています。仲のよい夫婦を示す「おしどり夫婦」という言葉がありますが、実際は毎年相手を変えるペアが多いようです。残念!

 

★モモイロペリカン
大きなくちばしと、その下にあるよく伸びる袋が有名。水の中に頭を入れて、水と一緒に魚をすくい取り、水だけ捨てて魚を食べます。目の周りと足がピンク色です。

 

★ダチョウ
アフリカに住む世界一大きな鳥で、体重は100kg程度。大きなものは、150kgくらいになることも。飛べない代わりに走るのが速く、時速50~70kmもスピードが出ます。ヒナを守って餌の取り方を教えるのはオスがほとんど。

 

★インドクジャク
オスは、首の鮮やかな青、尾羽の付け根にある飾り羽が豪華。羽を扇型に広げると、青緑色の目玉模様がたくさん見えます。オスが羽を広げるのは、メスにアピールするためです。


●育てやすい鳥の種類は?

初めてなら、カラフルなセキセイインコや、かわいいブンチョウがお薦め。どちらも慣れると「手乗り」になります。集合住宅なら、鳴き声が小さいブンチョウが飼いやすいといわれます。大型のインコやオウム、フクロウなどは世話がやや大変です。

●気を付けたいことは?
小鳥は寿命が長いので「10年以上飼えるかどうか」を考えて飼い始めましょう。また小鳥はか弱いので、乱暴な扱いは厳禁。「子どもがギュッとつかんだら鳥がケガをした」ということのないように、子どもにも接し方を教えましょう。小鳥は寒さ、暑さが苦手なので、温度管理には気を付けましょう。

●子どもでも手伝いやすいお世話は?
掃除や餌やり、水の取り換えなど、子どもに手伝ってもらえることはたくさんあります。小鳥はおしゃべりが好きなので「おはよう」「ただいま」など、家族の一員として話しかける習慣をつけるのもいいですね。

セキセイインコは人によくなつきます

 

●取材協力
広島市安佐動物公園  広島市安佐北区安佐町大字動物園 TEL082-838-1111

■イベント情報
【1】鳥と記念撮影 12月2日(金)~28日(水)
2017年の干支「酉(とり)」の顔出し看板で記念撮影をしませんか。年賀状用の写真にもぴったりです。
【2】干支展「飛ばない鳥たち」 12月10日(土)~1月9日(月・祝)
2017年の干支「酉」にちなんだ企画展示。園内で飼育・展示しているニワトリ、ダチョウ、ペンギンについて楽しく学べます。

(写真左上)インコ、ペンギンなど人気の鳥がいる「ぴーちくパーク」
(写真右下)いろいろな水鳥を観察できる大鳥舎


トップページへ戻る